› 
 › 
RFA支援画像装置の臨床成果がJ Gastroenterology and Hepatology誌にアクセプトされました。
 

お知らせ

日立製作所、大阪赤十字病院と共同開発を行なっているRFA支援画像装置、3D sim-Navigatorの臨床成果がJ Gastroenterology and Hepatology誌にアクセプトされました。

バイポーラ型電極を複数本同時穿刺するマルチポーラablationやモノポーラ型電極を多数回穿刺するoverlap法で効果を発揮する装置です。現在商品化され日立製作所のARIETTA70に搭載され、近いうちにフラッグシップモデルへの搭載も予定されています。

CATEGORY : お知らせ 
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp