› 
 › 
世界肝炎デーの街頭キャンペーンを行いました
 

お知らせ

7月28日(土)は世界肝炎デーおよび日本肝炎デーです。

同日、大街道の一番町口において、

世界肝炎デーおよび日本肝炎デーの街頭キャンペーンを行いました。

  • 肝炎の原因で多いのはB型肝炎ウイルスとC型肝炎ウイルスです。
  • このウイルスの感染者は300万人以上と推定され、国内最大級の感染症と言われています。
  • 肝炎ウイルスは血液を介して感染し、気づかないうちに肝硬変、肝がんになります。
  • 大切なことは、肝炎の検診を受けて、感染早期に発見することです。
  • 肝炎とわかれば放置せずにきちんと受診して適切な治療を受けて、肝がんを予防することです。

7月28日、この啓発活動にご賛同いただいた以下のボランティアの方々に参加いただき、街頭キャンペーンを行いました。

  • 愛媛大学医学部附属病院 肝疾患診療相談センター
  • 愛媛大学医学部附属病院 看護部
  • 愛媛大学医学部附属病院 栄養部
  • 松山赤十字病院 肝胆膵センター
  • 松山赤十字病院 看護部
  • 愛媛県健康増進課
  • 松山市保健所
  • 愛媛肝炎の会

約60名の方々にご参加頂きました。この場をかりてお礼申し上げます。ありがとうございました。

また、快くパンフレットを受け取っていただいた市民のみなさま、ありがとうございました。

愛媛新聞社
G20120901-00943 G20120901-00945



14時からキャンペーンの開始にあたり恩地先生よりご挨拶をいただきました。

今回、愛媛県より、有名なゆるキャラ、みきゃん

愛媛大学医学部附属病院看護部より、あいちゃんとだいちゃんです。あいちゃんは女の子、だいちゃんは男の子です。

松山赤十字病院からも多数の看護師さんに応援をいただきました。肝胆膵センター 横田智行 先生、山上隆司 先生です。

済生会今治第二病院院長 堀池典生 先生にも、とびこみで応援に来ていただきました。

愛媛大学医学部附属病院 栄養部の方々には浴衣姿で来ていただき、彩りを添えていただきました。

また19時からは、おなじく共催していただいた伊予鉄高島屋に、くるりんをテーマカラーであるスカイブルーにもとづき、ブルーにライトアップしていただきました。

ご協力頂きました多数の関係者、共催者の方々に深謝いたします。

これからも肝がん撲滅に少しでもつながるように、啓発活動を続けていきたいと存じます。

ご理解とご協力のほどどうかよろしくお願いいたします。

CATEGORY : お知らせ 未分類 
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp