› 
 › 
研修医の宮内先生が肝癌研究会で発表してきました
 

お知らせ

7/20-21に金沢で第48回日本肝癌研究会が行われました。

ポスターセッションで「短期間で増大した肝血管筋脂肪腫の一例」の演題で、研修医の宮内清司先生が発表しました。

会場入り口にて。普段は明るい宮内先生が、若干緊張の面持ちです。

座長の先生からの質問にも、自信を持って答えており、堂々とした発表です。

今回の肝癌研究会では、休憩スペースで「金沢のおもてなし」として、抹茶と和菓子が参加者に提供されました。

金沢の夜は、他病院の先生方と合流して、地元の味覚を楽しみました。

元祖宴会部長が開始の挨拶です

2日間にわたって、宮内先生にはHCCについて最新のTOPICを含めて勉強して頂きました

CATEGORY : お知らせ 未分類 
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp