› 
 › 
非アルコール性脂肪性肝疾患を拾い上げるALTのcutoff値に関する論文がJ Gastroenterolにacceptされました。
 

お知らせ

Metabolic markers and ALT cutoff level for diagnosing nonalcoholic fatty liver disease: a community-based cross-sectional study.

Miyake T, Kumagi T, Hirooka M, Koizumi M, Furukawa S, Ueda T, Tokumoto Y, Ikeda Y, Abe M, Kitai K, Hiasa Y, Matsuura B, Onji M.

概要

非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)は、メタボリックシンドロームの肝臓での表現型と考えられ、その一部は、肝硬変、肝不全、肝癌へと進行します。しかし、血液検査で肝機能検査異常を伴わないNAFLD患者が存在し、放置されている症例があります。そこで、検診受診者を対象にNAFLD患者を拾い上げるスクリーニングとして有効なマーカーについての検討を行いました。

NAFLD患者を拾い上げるための有効なマーカーとしてBMI、ALT、TG 、HDL-c、UA、HbA1cが挙げられ、ALTのcutoff値は男性25 (U/L) 女性17 (U/L)でした。

また、これらのマーカーを用いたNAFLD indexの提案をしました。

男性 = – 10.48 + 0.232 x BMI (kg/m2) + 0.064 x ALT (U/L) + 0.004 x TG (mg/dL) – 0.022 x HDL-c (mg/dL) + 0.164 x UA (mg/dL) + 0.439 x HbA1c (%)

(Cutoff -0.487)

女性 = – 13.815 + 0.256 x BMI (kg/m2) + 0.06 x ALT (U/L) + 0.006 x TG (mg/dL) – 0.016 x HDL-c (mg/dL) + 0.3 x UA (mg/dL) + 0.784 x HbA1c (%)

(Cutoff -1.976)

先週のJ Gastroenterolのdownload 回数では、Reviewを除くと最もdownloadされていました。何度もdownloadしたかいがありました(笑)。

CATEGORY : お知らせ 未分類 
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp