› 
 › 
EASL(European association for the study of the liver),The international liver congress 2018報告
 

お知らせ

4/11から4/15にかけてパリで開催されたEASL(European association for the study of the liver)のThe 53rd Annual International Liver Congressに参加しました。当科からは日浅先生、廣岡先生、小泉(洋)先生が参加しています。愛媛県立中央病院からは平岡先生が参加されました。

(会場のパリコンベンションセンター)
発表はポスターで小泉(洋)先生が「New diagnostic method for hepatic steatosis using attenuation measurement by B mode ultrasound: Comparison with CAP」で行いました。

学会会場は朝早くから多くの参加者で賑わっていました。
ウイルス性肝炎だけでなく、NASH関連やHCC関連の報告も多く、会場のあちこちで活発な討議が行われていました。

アフターコンベンションはパリ市内を散策しました。パリは18~19時ではまだまだ昼間のよう明るくて、20時をすぎてようやく暗くなってきました。

来年のEASL 2019は芸術的にも文化的にも名高いウィーンでの開催のようです。

CATEGORY : お知らせ 
 
  • 研修会・講演会
  • 臨床研究
  • 外来のご案内
  • 黄蘭会
愛媛大学大学院
消化器・内分泌・代謝内科学
(第三内科)
Departments of Gastroenterology and Metabology, Ehime University Graduate School of Medicine
〒791-0295 愛媛県東温市志津川454
愛媛大学医学部本館8F
TEL 089-960-5308
FAX 089-960-5310
mail : 3naika@m.ehime-u.ac.jp